親指を立てている白衣の男性

個別指導という安心感

どこかを見ている女性

個別指導は1人1人に合わせた学習内容で進んでいくため、焦らず自分のペースで勉強をすることができます。分からないところがあればいつでも質問ができるのでとても安心です。

Read more

予備校にかかる学費の相場

メガネをかけている女性

医学部予備校は、大手進学予備校と比べて費用はどうしても高くなってしまいます。でもその分個別指導や少人数指導など手厚いサポートが受けられますので、費用だけを見るのではなく合格を第一に考えましょう。

Read more

場所で選ぶことも大切

笑顔の女性

医学部予備校は全国にありますので、通える範囲から考えるのではなく本当に通いたいところから考えてみましょう。遠方から通えなくても寮に入るという選択肢もありますよ。

Read more

まずは自分を知ること

ファイルを持っている女性

医学部を志望している学生にとって、合格を目標にしてひたすら勉強することはとても大事なことです。
「絶対に合格する!」という目標を掲げ、モチベーションを高く保つことで辛い勉強も乗り越えられると思います。
ただ、国公立や私立大学の医学部の合格倍率は高めで、人気のある大学であれば倍率は90倍、100倍が当たり前になってきますので並大抵の努力では合格することができません。
そのため、自分一人で黙々と勉強を続けるのではなく医学部に合格するための予備校に通う必要があるんです。
医学部予備校では、一般入試や推薦入試などの受験を受ける際の対策を立ててくれるだけでなく、学力がある人でも落とされてしまいやすい面接や小論文の指導などをきちんと行ってくれます。
また、1人1人の分からないところを徹底的に学習させてくれる個別指導や、学力が同じくらいの学生と同じクラス内で学習する集団授業など医学部予備校によって様々な特徴があるんです。
そのため、一口に医学部予備校といってもどこを選ぶのかが肝心になりますので、沢山の予備校の中から自分に合っていると思う学校を探さなければなりません。
例えば、自分のペースで勉強がしたいのか仲間たちと競い合うように勉強がしたいのかという点で考えたらあなたはどちらに当てはまるでしょうか。
もしもマイペースの勉強を希望するなら個別指導、人と競いたい方は集団授業というように、変化すると思いますので、自分はどのように勉強をしていきたいのか、自分を知ることから始めましょう。