予備校にかかる学費の相場

メガネをかけている女性

どこの医学部予備校にしようかと考えている方は、かかる費用も決め手になりますよね。
やはり、医学部に入ってからも2000万~5000万という高額な学費がかかってしまいますので、なるべくなら費用を抑えておきたいところ。
でも、医学部の予備校というのは大手進学予備校と比べてどうしても費用は高額になってしまいがちなんです。
大手進学予備校では希望する大学によっても変わりますが50万~80万ほどで、多くのところが100万円以下で授業を受けることができます。
一方で医学部予備校にかかる費用は平均的に2、300万円となっていて、費用が高い予備校では500万円以上かかってしまうところもあるんです。
その金額だけを見るととても高く感じてしまうと思うのですが、医学部予備校はその分手厚いサポートをしてくれます。
授業日数も多く、個別指導や少人数授業などで講師から指導を受けることができますので、より質の高い勉強をすることができるんですね。
また、大手進学予備校は一見すると費用が安く思えますが、季節の講習や直前講習と、講習を受けるたびに別途費用がかかることになるので結局総額で考えると同じくらいになってしまうこともあり得るんです。
しかし、基本的には授業日数も医学部予備校と比べると少なく、大人数での授業が中心ですので質問があってもそのまま授業が進められてしまいます。
医学部予備校によっては自分で自主的に勉強が出来るよう自習室が設けられていたり、特待生制度として授業料の一部を免除してくれるところもありますので、費用だけを考えるのではなく希望する医学部の合格を一番に考えるようにしましょう。